60周年記念事業

1.連盟旗の製作

 今までの連盟旗は茨木市体育協会より貸与された旗です。
   創立 6 0 周年を機に独自の旗を一般公募したデザインで新調しました

   スケジュール」
   平成26年 6月21日(土) デザインコンペ開始
   平成26年10月31日(金) デザイン締切り
   平成26年11月30日(日) 投票(クラブ対抗)
   平成27年 1月10日(土) 最終選考(第 4 回理事会)
   平成27年 2月 1日(日) 結果発表(市民大会:シングルス、ミックス)
   平成27年 2月 8日(日) 結果発表(市民大会:ダブルス)
   平成27年 4月18日(土) お披露目(平成 2 7 年度総会)
   平成27年 5月 4日(土) お披露目(第 2 0 回青木杯 ・ダブルス大会)
 

昭和30年に設立された茨木市バドミントン連盟は、本年度還暦を迎えることができました。50周年を祝ったのがついこの間のような気がします。あれから10年。創設された青木顧問をはじめ苦労された草創期の先輩や60年の間を共にがんばってこられた皆様が、まだまだご活躍されている内に60周年を迎えられたことを、連盟会員各位とともに大いに喜びたいと思います。
 50周年以降10年の歩みを振り返りますと、バドミントン界ではラリーポイント制という大変革がありました。足元の我が連盟では、大阪府総合体育大会バドミントン競技一般男子2部で10連覇達成という快挙がありました。最近では2部男女のみならず一般男女の力量アップも目覚ましいものがあります。また時代の流れに則り、ホームページを開設し、大会にパソコンを導入しました。バドミントン愛好者の皆様のライフスタイルやニーズに合わせ、ルーキー大会、中学生大会、シニア大会を新設し、体協杯・池上杯に2部を、そしてクラブ対抗には男子の部を新設しました。初心者教室交流会や審判講習会の開始、土曜日のジュニア教室の充実、トーナメント戦の予選としてリーグ戦の導入、個人戦の抽選会、敗者戦やサービスゲーム導入と数々の足跡が付きました。これらは2度にわたる加盟団体の皆様へのアンケート結果への対応でもありました。時代の早い流れとニーズの変化に変革を迫られた10年だった気がします。その間、暖かいご指導やご鞭撻を頂いた茨木市、茨木市教育委員会、NPO法人茨木市体育協会、先輩諸氏、茨木市代表選手、そして連盟運営に尽力された連盟役員、バドミントンを愛してやまない加盟団体の皆様には、深く感謝し心よりお礼申し上げます。
 節目の60周年記念事業として、記念誌の発刊、新連盟旗の作製、各冠記念大会の開催、60周年を祝う会の開催、それに伴い功労者等の表彰、記念タオルの頒布等を関係各位のご協力で成功裡に終了することが出来ましたことを記念事業実行委員一同大変喜んでいます。記念誌に原稿を寄稿頂きました皆さま方、ありがとうございました。
 さて、当連盟の将来ビジョンですが、生涯スポーツとしてのバドミントンを一層推進し、子どもから高齢者までの競技力向上を図るとともに、ふれあいの場の提供のための更なる活動をしてまいる所存です。また普及、健康増進、体力向上に貢献したいと思います。
 結びにあたり、連盟のさらなる発展に対し茨木市並びに体育協会、会員の皆様方の一層のご支援ご協力をお願いし、ご挨拶といたします。

乾杯 賀川將夫 副会長
閉会の言葉 相澤邦子 副会長

司会進行 新海理丘 理事

60周年記念会長挨拶
みんなで歩んだ60年

あいCLUB  
茨木クラブ 

太田小PTA 
スマッシュ会
天王クラブ 
長月会  
やよい会
    

歓談の様子 写真集
付録 50周年記念行事

節目を感謝の心で

感謝状、表彰状 贈呈

三木昭 顧問(第3代会長)

 高村國雄 顧問(第4代会長)
ちょっと一言
青木昭二 顧問
大谷宏 顧問

佐藤律夫 顧問(第7代理事長)

相澤邦子 副会長(現7期目)

事務局ラブオール 宮本芙士夫氏

特別表彰 大阪府総体一般男子2部
     10連覇メンバー

宮本(芙) 佐藤 市橋 宮本(真)
田中 渡辺 木之下 各選手

団体表彰

当日出席者

三木昭 顧問
高村國雄 顧問
お楽しみ会
司会進行 坂出秀光 理事
特等 ラケット 江田孝司さん 

会長  中 村 亀 雄

ILLC
茨木シャトル会
ギースクラブ

玉島バドミントンクラフ
土曜会
南茨木バドミントンクラブ
ユーアイバドミントンクラブ

2.創立60周年記念大会

   本年度主催する大会全てを記念大会として開催しました。

3.創立60周年を祝う会

   加盟団体の皆様 、連盟の役員 元役員、および連盟と 関わりのある皆様と
   創立60
周年 を祝いました
   
   期日    平成28 年 1月30(土)
   時間    午後12時30分より
   場所    立命館いばらきフューチャープラザ 『イベントホール』
   参加者 茨木市長、市民文化部理事、スポーツ推進課課長
       体育協会役員、連盟加盟団体代表、連盟役員及び元役員

[ デザインコンセプト ]       
 

・茨木市の頭文字「イ」は茨木でバドミントンをす るプレーヤーの躍動感、向上心。
・茨木市の頭文字「い」とシャトルで、バドミントンの普及 ・発展を図り、クラブを支え・統括する連盟の活動。
・緑は茨木の豊かな自然と大地、青は空と水を。
・全体のイメージは市のバラ、飛躍、発展を表す

茨木市バドミントン連盟

60周年を祝う会

最初に参加者全員で記念写真を撮りました  (クリックで拡大)

開会のことば 渡辺弘 理事長

主催者挨拶 中村亀雄 会長

来賓祝辞 茨木市長 木本保平 様
来賓祝辞 NPO法人茨木市体育協会
     会長 羽東孝 様
記念演奏 NPO法人 うたじぞう
ボーカル    山沢桃子 様
ボーカル    原田富子 様
アコーディオン 喜多陵介 様
inserted by FC2 system